就活2018 スケジュールはどうなっている?

就活って、どうやればいいのだろうか 内定が貰うだろうかって不安になります。

しかし、自分の学業スケジュールを把握しながら、準備にしっかり取り組みをすれば、大丈夫です。

2018年の就活事情

2018年卒は短期決戦の就活になります。

採用情報の解禁は2017年卒と 変わらないまま、選考開始時期が早まります。

志望企業の選択、 筆記試験対策、エントリーに費やせる時間が大幅に少なくなりす。

そのため、準備をしっかりやることが2018年卒の就活を成功させるポイントになります。

2018年の就活スケジュール

18卒の就活は、2017年の3月に採用情報が解禁となり、企業説明会が始まり、 エントリーシートの提出ができるようになります。

そして3月から5月にかけてエントリーが開始し、6月から採用試験がスタートしていきます。

企業の採用活動も大半が9月中に終了することになるでしょう。

したがって18卒は2017年の春から夏にかけてが勝負になります。

しかし情報が解禁になってから就活を頑張ろうとすると苦労します。

情報解禁の直前までインターンがあります。

それに、参加していないと働くことがぼんやりしたイメージで 就活をします。

インターンに参加している人はビジョンを持って就活ができるので内定にも早く近づきます。

ここで差が出ます。

3月までに就活でのスキルを身につけることが重要なのです。

できるだけ早い就活の準備をしておくことが内定へつながります。

2018年の就活スケジュール おすすめの進め方は?

1「自己分析と企業研究をしよう」

しっかりやることです。この2つは就活の基本です。

自分の趣味や特技、アルバイト経験など、今までの人生を振り返ることが大事です。

また、自分の強み弱みを把握することが、自己PRを話すときにも役に立ちます。

自分のことをより知るためには家族や周りの友人に、自分のことについて聞いてみましょう。

すると、自分では気づかない新たな一面を知ることができると思います。

企業研究は、自分がどのような企業で働きたいかを見つけるためにも必要です。

なんとなく、名前を聞いたことある企業だから、ここを受けようとすると、働いてみて「これじゃなかった」となります。

自分の中での企業選びの譲れないことを明確にしましょう。

そして、多くの企業に興味を持ち比較し自分に合う企業を明確にすることが重要です。

この二つは必ずやりましょう。

きちんと、やっておくとOpenESや履歴書を書くときに苦労しません。

2「インターンに参加しよう」

インターンは、働くこと 企業について簡単に触れることができます。

実際に働くことで経験が積めます。

その中で自分にとってやりたいことか、そうではないことが、はっきりします。

選考過程にある面接のときに様々な質問をされます。しかし、インターンに参加したことで、

企業に対しての知識が増え、面接のときに答えやすくなります。

就活本番のときに、役に立つことが多いです。

参加して損はないので積極的に申し込みをしましょう。

3「合同企業説明会に参加しよう」

合同企業説明会に参加するとより一度に多くの企業と接点を持つことができます。

また、企業の比較ができ、自分が働きたい場所が明確になります。

採用担当の方が、説明会でお話をしてくれるので、働いている人の生の声が聞けるでしょう。

4 「試験対策をしよう」

今のうち筆記試験のための勉強しておくことは大事です。

試験の形式に慣れておくことは、採用試験の際に戸惑うことなく臨めます。

また、就活に出てくる筆記試験というとSPIです。

このSPIの問題に苦手な分野がある人は、3月までに勉強して克服しておきましょう。

さらに詳しく就活2018について知りたい方はこちら

→ 就活 2018
→ http://gobeyondcognition.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする