就活2018 合同説明会は?

2018年の合同説明会も何事もなければ恐らく3月から解禁になるのではないでしょうか。

3月になると普段着慣れていないリクルートスーツに身を包んだ学生がうじゃうじゃと活動を始めるでしょう。

私もつい昨年に活動をしていましたが、就活のことに関して良い話は聞いていなかったので、この時期からとても鬱でした(笑)

3月1日になると就職活動支援サイトである、マイナビとリクナビが主催となって合同説明会が多い所で週1で行われると思います。

大きなホールで行われる所もあれば、ショッピングセンターの広場のような所でこじんまりと行われる所もあるなどと仕方は様々です。

県外であっても無料バスが出ていたり、高速バスがお得になったりといったサービスも充実しています。

例えば、私は現在香川県に住んでいるのですが、隣の愛媛県へ合同説明会へ参加する場合は無料バスが出ていたり、大阪や神戸方面に行くのであれば就活パックということで高速バスの料金が安くなったりしています。

もちろん各県に本社を置く企業が多いとは思いますが、全国展開をしている大企業なども合同説明会には来ているので、興味があるのならば積極的に参加するべきです。

合同説明会までに準備しておくべきことといえば、自分の中で就きたい業種や企業が決まっている場合は苦労しませんが、大抵の学生は、「就活って何?」「どこに就けばいいのか」「自分は何をしたいのか分からない」といった疑問ばかりが浮かんでいると思うのです。私自身もそうでした。

ですので、合同説明会が開始になる1ヶ月前(2月)頃になると、合同説明会にどの企業が参加するかという情報が載るようになります。

その企業一覧を一通り見てみて、興味のある企業、疑問に思った企業をピックアップしておくべきです。

そして、就活(合同説明会)が解禁になったら、その企業のブースへ行ってみるべきです。

話を聞くのは無料なのですから、積極的に行くべきです。

また、合同説明会の話というよりは、就活を始める上での準備になりますが、服装です。

最も重要なのは、リクルートスーツ。

私も、大学の入学式で着たのをまた着ようと思っていましたが、4年も経てば体型が変わっていました(笑)

袖の丈は短いし、スカートも短くミニスカートになっていました。

ですので、就活が始まる前に一度スーツを着てみて、万が一合わない場合は買いなおすことをお勧めします。

後は、髪色ですね。

もちろん黒髪。

色が落ちてきたら、また染め直す。

就活が終わるまではお洒落は我慢です。

ここまで色々なことを書いてきましたが、就職活動は並大抵のものではないです。

予め受けたい企業が絞れていて、見事その企業から内定が取れた人からすれば、そんなことは思わないかもしれませんが。

私は元から精神的に弱い人間ですので、毎日のように泣いた日もありました。

1社落ちただけでも号泣しましたし、面接でやらかしただけでも号泣しました。

また、内定は出たのに納得のいかない自分に腹が立って泣いたりと、泣きまくりました(笑)

情緒不安定で精神科に行こうか迷ったくらいです(笑)

今でも私が後悔していることは、1人でも自分の味方になってくれる人を見つけておくべきことです。

私は、両親とかなり揉め、両親の話を一切聞かずに活動していました。

一番頼りたかった人に頼れず、学校の先生は学校の実績のために大企業を受けさそうという姿勢が丸見えだったので頼れず・・・と、一人でストレスを抱え込んでいました。

カウンセリングの先生にでも話をすれば良かったものの、私はすべて抱えて活動していたので精神的にも肉体的にもボロボロでした。

何か1つアドバイスできることといえば、味方になってくれる人を1人でも見つけておくべきだということです。

家族、先生、友達、恋人誰でも良いです。絶対に一人で抱えることのないようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする