就活2018 TOEICは?

就活生のTOEIC平均点は?

就職活動に有利になるようなTOEICスコアはおおむね600点以上が採用担当者の目にとまりやすいです。

学生の希望業種や職種によっては、必要となるスコアはかなりの開きがあるとは思いますが、学生間の平均点としては700?750点かと思われます。

帰国子女や外国語学部で留学経験のある学生は900点代を取得している学生は少なくないでしょう。

それは、経験やポテンシャルが異なるのでしょうがないとしても、そもそも学生たちが就職活動に有利になると思い就職活動の武器のために高いスコアを取ろうとしています。

英語を勉強するというよりかは、就職活動対策のための勉強でTOEICを勉強しているのです。

2018年も就活にTOEICは重要になる?

学生たち自身も理解しているように、TOEICのスコアは就職活動において採用される重要な指標の一つになります。

グローバルなメーカーであれば尚のこと、昨今はどこの企業であっても英語を理解できることはその人の強みとされています。

直接的に英語を利用する翻訳や通訳のような職業であればTOEICのスコアは満点が求められるでしょうが、そうでなくても600点以上のスコアがあることが履歴書に書いて価値があるスコアだと言えます。

あくまで採用活動の学生を比べる上での指標の一つに過ぎませんが、今後もTOEICのスコアは就職活動において重要になることは間違いないと思います。

中国や台湾の学生が母国語と英語を話せるバイリンガルが優秀な人材として注目されるように、日本の優秀な学生たちも負けてはいられません。

英語が出来る=TOEICのスコアが高い、これがグローバルスタンダードになってくる時代も近い…かもしれません。

日本がグローバルな社会で勝ち残って行くためのひとつの手段と考えられています。

就活間近!TOEICの点数を少しでも上げる方法とは?

TOEICの試験はリスニングとリーディングと二部構成になっていて、どちらも選択方式です。

リスニングはテープから流れてくる英文を聞いて問題用紙に印刷されている写真を見て、問題用紙の選択肢の中から正しいものを選びます。

出来るだけ英文が流れる前に問題用紙に印刷されている文章を全て読み込んでおくことです。

問題用紙をめくってからリスニングが始まるまでの時間が少ないので難しいのですが、何が書かれているかをあらかじめ把握しておく必要があります。

これはかなりスコアアップに繋がります。

リスニング問題の対策は、英文が流れる前に選択肢の英文を読むことです。

そして、極力考え込まないでで選びます。

その練習が必要ですが、リスニングはTOEIC対策のCDを日頃から流しておいて聞き流しをするというのも良い対策になるかと思います。

質問と回答のパターンがつかめると思います。

質問と回答のパターンは案外決められています。

疑問符(4W1H)が何か?YesかNoで答えられるか?などを把握しておけばそこまで恐る必要はないのがリスニングです。

質問と回答のパターンを聞き取れれば、なんとなでも選択肢の文章の中からでも選ぶことが出来るはずです。

では、リーディング問題はどうするのかというと、文章を一字一句読んでいたら時間がなくなってしまいます。

まず問われている文章の前後を読みます。文章は初めから全体は読み込まなくて良いので斜め読みをします。

TOEICは問題の量がかなりありますので、時間との戦いになってきます。スコアを一点でも稼いでいくには、きちんと読解することよりも全問埋めることを目指していきましょう。

また、本当は理解して埋められれば良いのですがTOEICは選択式なので、埋まっていれば何分の一の確率で正解になります。

時間ギリギリでも、全部埋めるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする